山田みずほさんが、SKE48卒業を発表しました。

発表から一夜明け、ちょっと冷静になったので。

ずっと、「気のせいだ」と言い聞かせていました。
実をいうと、10月位から「何かおかしい」って思ってました。
具体的にこれ!という物は無いのですが、経験則というか、勘と言うか。
Nさんの時も、いぐっちの時も、何となく気が付いていました。
私だけではなく、ぐぐたすのちょきんコミュ等でも、ずっと言われていました。「卒業フラグ立ってないか?」と。

SKE48に入った理由が「人を幸せに出来る人になりたい」という事らしいです。女優さんになりたいとか、タレントさんになりたいとか、具体的な目標が無かったので、「やめる時はスパッと辞めるんだろうな」と思ってました。本人も、昇格、センター、総選挙ランクインと色々経験して、次に何をしたら良いか、分からなくなっていたのだと思います。「ファンの皆さんに恩返しできてない」とずっと言っていました。目標無く続けるより、卒業と言う方法を取った事については、ちょきんちゃんらしい選択だと思います。卒業発表をした時も、凄くすっきりした表情をしていたので、それが救いですね。

しかし、1月末は早すぎですね。もっと早く発表したくても、出来なかったんでしょうけど。時期からすると、何かやりたい事に向かって、学業に力を入れるのかな、と思います。大学進学をしようと思ったら、高校2年生の3学期は重要な時期です。

正直言うと、今までの推し卒業に比べ、かなり冷静です。今までの人達に比べ、「出来る事はやった」感があるからかもしれません。
回数は少ないですが、劇場公演、握手会にも行きました。
総選挙も、今までの人達とは桁違いの票数を投入しました。推しがランクインする嬉しさも味わえました。
単独グラビアもありました。シングル選抜にも選ばれました。カップリングとは言え、推しがセンターを取る嬉しさも味わいました。
逆に、選に漏れる悔しさも今まで以上に感じましたが、それはモチベーションを下げるような悔しさではありませんでした。
研究生時代から成長過程をずっと見てきて、喜怒哀楽を共に出来たことを感謝しています。

でも、やっぱり寂しいです。
とりあえず、最後まで応援は続けようと思います。
[PR]
by lets_stream | 2015-01-08 12:11 | SKE48